【ソシャゲ】スマホで出来るMMOをてきとーにリストアップ

 最近のスマホゲームはバトロワ系が人気ですが、私個人的にはMMORPGの方が好みだったりします。(最近はあまりやっていませんが・・・)
 しかし、スマホMMOはリネレボ以降似たり寄ったりなシステムのゲームが増えてしまい、ぶっちゃけすぐに飽きてしまいます。オートでシナリオを進めて、寝てる間に自動狩り、装備のランク上げて、乗り物のランクを上げて・・・といったゲームが乱発されています。
 というわけで、リネレボライクではないMMOスマホゲームを、自分の知る範囲で上げていってみようかと思います。


 ちなみにMMOの定義は大規模多人数同時参加型オンラインゲーム(Massively Multiplayer Online)なので白猫プロジェクトやグランブルーファンタジーなどはMO(Multiplayer Online)扱いとなり該当しないという認識で進めていきます。
 この条件で考えると下記のゲームが私が知る範囲で該当する作品になります。

・トーラムオンライン
・ぷちっとくろにくるオンンライン
・ソードアートオンライン インテグラルファクター
・アルケミアストーリー
・アヴァベルオンライン
・オルクスオンライン
・ラグナロクマスターズ(オート狩りやオート移動があるのでここに入れていいのかちょっと微妙・・・)
・ファンタジーアースゼロ
・イザナギオンライン
・イルーナ戦記オンライン
・メイプルストーリーM(これもなんかオートゲー疑惑あり・・・)
・アヴァベルルピナス

 おそらくこのあたりのゲームはリネレボタイプではないと思われます(噂や書き込み程度の情報しかない作品もあるのでなんともいえませんが・・・アップデートとかでほぼほぼオートになったゲームとかもあるかもしれないし・・・)


  そしてなんかアソビモ率が高いですが・・・まあ、このメーカーほぼMMOしか出してないのでしょうがない、ってことにしておいてください(笑) ただ、このメーカーは作品の良し悪しは別としてオートゲーは少なく、ちゃんと作っているイメージがあります。ただ、どうやら作品間で装備のデザインの使いまわししてる場合があるみたいです(笑)有名な作品で例えるならドラクエのロトの剣をFFのライトニングさんが装備しているような感じです。あ、でもライトニングさんほぼ着せ替え人形状態だから例えとしては微妙かな・・・w


 まず、アヴァベルとオルクスとイザナギは最初のチュートリアルくらいしかしてませんが、違いがあまりわかりませんでした・・・進めていけば違いが見えてくるのでしょうがそこまで気力がありませんでした。

 ソードアートオンラインは、なんかガチャの影響が大きそうだったのでこれもまたチュートリアルだけで止めてしまいました・・・w
 
 トーラムオンラインとアルケミアストーリーとぷちっとくろにくるについては初心者の範囲内ではありますがある程度遊んだのでそれぞれの特徴を上げていってみようかと思います。

トーラムオンライン

 かなりMMOっぽいMMOだと思います。
 オート操作はなく、広い世界を歩き回り物語を進めていくタイプのゲームです。シナリオ中のボスが結構強いですが、逃げるか負けるかして再挑戦することでEASYモードに変更可能なのでソロプレイでも結構物語を進めるのは簡単です。シナリオの経験値も多いのである程度まではレベル上げも難しくありません。ちなみにボスは同じ場所に行くことで何度でも再挑戦でき、難易度も変更できます。高難易度にPTを組んで挑み、連戦でレアドロップや経験値を狙う、という感じです。


 定期イベントもこまめに開催されており、有名アニメとのコラボも結構あります(このすばコラボ、リゼロコラボなど)変なコラボとしては漫画家のやしろあずき氏とのコラボもありましたね。


 ただ、少し特殊な部分もあり、このゲームには職業が存在しません。そのかわり、装備する武器によって戦い方や使用可能なスキルが変わります。そして無課金の状態でも3キャラまで育成することが可能です。使用中以外のキャラをNPCの仲間キャラとして使用することもできます。


 キャラの育成方法はレベルアップで獲得できるポイントをパラメーターに割り振る方式です。また、スキルは最初の町の図書館でスキルブックを購入してレベルアップで獲得したスキルポイントを割り振って習得します。上位スキルブックは一定のレベル以上にならないと購入できないなどの制限があります。
 スキルやステータスを振りなおすには有料アイテム(たまに配布あり)が必要になるので、無課金をつらぬく場合、あらかじめどのようなキャラを作りたいかをイメージしておかないとまったく役に立たないキャラになってしまう可能性もあります。


 キャラの育成は課金の影響は小さいです。かわりにかなりの時間がかかります。しかも低レベル帯のレベル上げ向けコンテンツでは人が集まらない為、ソロ向けのレベル上げ法で地道に育てるか、上位の冒険者にお手伝いをお願いする図々しさが必要になるでしょう。とはいっても100レベルくらいまではストーリーの経験値だけで到達できると思うのでキャラクター育成し直すたびにストーリーやり直せる今の環境なら以前よりは楽ではあります。
 ストーリー自体は自分の別キャラとフレンドやギルドメンバーをNPCとして雇うことができるのでゴリ押し可能です。


 ちなみに課金はどちらかというとおしゃれ要素がメインです。見た目装備のバリエーションはかなり豊富なので課金しなくても強くなれるゲームなのに課金しまくっている人も結構いると思われます。少し冒険が有利になる月額課金プランなどもあります。
 ハウジング(マイホーム)要素もかなり充実していますが、必要になる素材などがかなり多く、やりこむなら相当時間がかかります。


 上位のコンテンツはPTを組んで挑むこと前提の仕様になっていることが多いです。PTを組む場合はチャットで呼びかけて参加者を募るのが一般的ですのでチャットが苦手な人には不向きなゲームと言えます。チャットの種類も多く最初はどれがどういう意味なのかわけがわかりません。
 逆にギルドに所属してみんなでワイワイ、みたいなのが好きな人にはおすすめのゲームです。ただし、マナーの悪い遊び方(弱いキャラで上位コンテンツに行こうとする、暴言、プライバシーの侵害)などは絶対にやめましょう。
 ギルドに入りたい時は全体向けのチャットでギルド探している旨をシャウトすればどこかしら拾ってくれます(笑)変なギルドに拾われたらどうしよう、と思う人もいるかもしれませんが、その場合は自分のプレイスタイルと合わないので抜けます、とでも言って新しいギルドを探せばよいかと思います。
 ちなみに自分でギルドを作りたい場合は・・・かなり大変だと思うので覚悟してください(笑)


 また、このゲームは同社が運営するイルーナ戦記オンラインの遥か未来の続編にあたり、最近のシナリオでは前作プレイヤーが「ここはまさか!」ってなるようなマップが追加されていたりするそうです。


 ちなみに、海外サーバーに遊びに行くことも可能で英語に自信がある人は海外のプレイヤーとも交流できます。

ダウンロード
GooglePlay:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.asobimo.toramonline
AppStore:https://itunes.apple.com/jp/app/rpg-toramonline/id988683886

ぷちっとくろにくるオンライン

 このゲームについては本当に少しやっただけなのでさくっとした説明しかできません(笑)
 アクション要素が強いので戦ってるという実感が湧きやすいです。あと、うまいことやれば本来の要求レベルより弱い状態でボスを倒したりすることもできるかもしれません。
 あとは、デフォルメがかなり強いため人を選びます。ほぼ二頭身です。
 服装の自由度は結構高いです。
 他プレイヤーとのコミュニケーションについては普通のMMOとそこまで変わらないイメージです。
 それ以外だと空を飛んで移動したりとかできます。
 それ以外は全然覚えておりません(笑)

ダウンロード
GooglePlay:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.asobimo.petitechronicle_g
AppStore:https://itunes.apple.com/jp/app/puchittochronicleonline/id618707561

アルケミアストーリー

 通称アルスト、個人的に一番おすすめな作品です。


 まず、キャラメイクがかなり細かいところまでいじれます。あまりこだわりすぎると中々ゲームを始められないというケースも・・・


 移動や戦闘のオート機能はありますが、イベントが始まったらフルボイスのイベントをちゃんと画面をタップして次のセリフへ進めないといけないのでストーリーがいつの間にかわけが分からなくなる、という心配は少ないです。

 戦闘は開始直後はマニュアル操作で毎回オートボタンをタップしないとオート戦闘に移行することはできません。また、オート戦闘は他の人に迷惑がかかる場合もあるし、全滅の危険性も増すので、実質自分で操作することがほとんどです。

 また、YOMEと呼ばれる相棒と冒険するというシステムになっていてYOMEも細かくキャラメイクできます。
 YOMEという名称ですが主人公と同じ性別にすることも可能です(笑)主人公もYOMEも見た目変更アイテムを使うか月額課金プランに入るかしていれば後から見た目や性別の変更が可能です。見た目変更アイテムは季節イベントなどの景品になっていることがよくありますので無課金でも入手可能です。
 YOMEには職業の概念がなく、主人公が習得した技をYOMEも同様に習得します。

 そして戦闘システムが特殊で、シンボルエンカウント制なのですが、なんと他の人の戦闘に割り込み参加が可能です(人数制限あり)。そして1回でもいいので行動すれば戦闘参加状況に応じて経験値やドロップアイテムも獲得できます。
 友達が苦戦しているところに参上して「よ、助けに来たぜ」みたいなこともできます(笑)
 そして、このシステムのおかげで初心者でも簡単にレベルを上げることが出来ます。
 

 レベル上げスポットに行って、沢山の人が参加してる戦闘にひっそり紛れ込めば楽に経験値を稼げるのです。一度だけ攻撃してあとは待ちの作戦をとれば敵の攻撃を受けることもほぼないです。基本的にみんなこの方法でレベル上げをしているのでこれが理由で誰かに怒られることもほぼありません。
 このシステムのおかげで初心者プレイヤーでも比較的早い段階で強くなることができます。

 ただし、一番最初に敵に接触したプレイヤーのみYOMEが戦闘に参加するというシステムなので、弱いくせに真っ先に敵につっこむ、ようなことをしていると迷惑がかかるのでやめましょう。上級者プレイヤーでも新職追加直後などはプレイヤーキャラのステータスが低い場合があり、その場合はYOMEのスペックに頼ることになるのですが・・・YOMEまで弱いとそのまま全滅してしまう恐れがあるのです。

 あと、戦闘時のスキルについては結構考えさせられます。沢山の職業で沢山のスキルを習得できるのですが、戦闘で使えるのはそのうち6つまで、さらに戦闘開始時はそのうち3つのスキルが表示されておりタップして使用します。
 一度使用するとチャージタイムになり、そのチャージタイムが終了すると次のスキルが表示されます。さっき使ったスキルは再度表示されるまで使用できません。
 そのため、回復技、補助技、攻撃技などの組み合わせはかなり考える必要があります。
 ちなみにYOMEも装着できるスキルは6つまで、装備武器によって使用可能なスキルが変わります。主人公の場合不可能なスキルの組み合わせが可能な場合もあります。
 ちなみに、YOMEも主人公もその武器や職業で使用不可能なスキルを装着した場合は戦闘時にはそのスキルがアタックという弱い攻撃になります。


 ストーリーはちょっと癖があります。錬金術の設定・・・必要なのかな?ってなったりします。また、人のやさしさを知るRPGというキャッチコピーですが・・・うん、やさしさってなんだろう(笑)
 あと、ストーリーを進める場合は基本的にボス戦で他のプレイヤーに助けてもらうことができない、という厳しさがあります。勝てない場合はレベル、職業、スキル、装備などを見直して自力突破するしかありません。


 ちなみにこのゲームにもハウジングがあるのですが・・・まさかのマインクラフト方式です。ブロックを積み上げて家を建てるという、かなりセンスを要求される仕様です(笑)


 グラフィックはかなりいいです。キャラも風景も相当作り込まれています。特定の場所限定のアクションがあったりスクショ撮影機能も充実しているので映えのいい写真を求めて頑張ってる人たちもいます。

 画面は結構わかりやすいです。シンプルなので操作に困ることは少ないです。
 ただ、隠しコマンド・・・は言い過ぎかもしれませんがこんなところでこの情報を確認できたのか・・・っていうアイコンが存在したりします。ですが、あえて秘密にしておきます。


 あと、ギルドのような要素もあるのですが、このゲームではボンドと呼ばれています。ただ、他のゲームと比べると所属する恩恵は少なく、人との会話が苦手なら自分でボンドを作り、デイリークエストのみこなせるようにしておけば十分でしょう。ちなみにボンドは掛持ちもできます。初期状態で2つ、さらに枠を購入することで5つまでボンドの掛持ちが可能です。
 また、アルスト勢はTwitterによる交流が盛んなので、本格的に遊ぶならアカウントを作成することおすすめします。

 周りのチャットやプレイヤーを見たくない時はソロプレイモードに変更することも可能で、この場合は自分とYOMEとNPCしか表示されない状態になります。
 戦闘は他の人の力を借りることが出来なくなりますが、逆に言えば敵の取り合いがなくなり、狩り場を独占する事が可能ともいえます。

 課金要素はおしゃれがメインです。多少ゲームを有利にするアイテムなどもありますが時間をかければ課金しなくても強くなれるシステムになっています。


 ちなみに魔物ちゃんというキャラクターが公式の想定するイメージキャラだと思われるのですが、序盤のチュートリアル以外でほとんど出番がなく、かなり存在が空気です。ゲームのアイコンも現在では別のキャラに奪われてしまうという悲しい状況が発生していたりします。

ダウンロード
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.asobimo.alchemiastory
AppStore:https://itunes.apple.com/jp/app/id1153459025

 今回はここまでです。紹介したゲーム、3つとも同じメーカーですが、決してアソビモさんの回し者ではありませんのでご安心ください(笑)
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です